fc2ブログ

新29話 トンネルをくぐれば、そこは!

まるでメルヘンの世界、三時から時間が取れました。
とはいっても、長い時間のドライブは「秋の夕日は、つるべ落とし」と聞きます。
ひたすら金剛山を突き抜け、奈良に入り大和路のドライブしゃれこみました。
片方にはゆうだいな山並稲刈りを終えたところもまだのところも夜景

帰るころには又、で宝石を散りばめたような夜街並みもみることができ良かったです
スポンサーサイト




←クリックして頂けると励みになります。ランキングにご協力ください。

地上に出たモグラと 地元のオバちゃん! 807話

”初めてのおつかい”と言う感動うの番組を見たことあります。
しかし大阪の堺に住んでるモグラはもっと感動を与えるようです。

ある日もぐらは、一番苦手な地下鉄に乗り込みました。
本当に間違いなく目的の駅までたどり着けるのか?
もしかして反対の電車に乗ろうとしているのか?ますます心配になり、
もぐらは近くにいたオバサンに聞きました。

オバサンは「多分行く筈ですよ、でも念のため車掌さんに聞きましょう。」
車掌さんも聞きに来るのを待っていてくれたようです。
「大丈夫です行きますよ」と車掌さん。

座席に座れば一部始終話を聞いていた向かいの席に座っていたおばさんが
「私その駅で降りますから一緒に行きましょ」と。

オバサンと地上に出たもぐら、親切なおばさんは、もぐらの持参した地図を見て
近くのガードマンに その後の道まで聞いてくれました。

堺のもぐらは、おかげさまで目的地に無事たどり着いた。
大きな声の小さなモグラ! 涙涙の感動の物語”

まだまだ大阪の人情捨てたものではございません。

←クリックして頂けると励みになります。ランキングにご協力ください。

今晩は焼きそば作ります 654

わざわざ焼きそばの材料を買いに、スーバーに行きました。
今は反省しています、もやしと豚肉買うだけのはずが、仕事帰りにお腹すいたまんまで
寄ったので、見るもの、触るもの、みんな美味しそうに見えついつい不要な物まで
買ってしまいました、反省、反省、又反省、おのれの意志の弱さを
ひしひし感じました。しかし勉強になりました、お腹が空いた人が買い物したら
余分な物を買ってしまう、と言う科学的な現実、もしも私が食後に買いに行ったら
たぶんもやしと豚肉しか買いません、アッと言うまに ”縞の財布が空と成る♪”
なんて宮津節を唄いながら、今焼きそばが変身した、
旬の刺身の盛り合わせを食べました。
「売り物に花を飾れ」なんて言いますが、本当に綺麗な盛り合わせ方。
しかも半額なんて最高です。
              さあー家族には焼きそば作ろう。

←クリックして頂けると励みになります。ランキングにご協力ください。

天高く馬肥える秋” 651

どう言う意味か詳しく判りません、ただこの言葉=
わたくし、訳がありを探しにかなり遠い処へ車を走らせました
ありました、ありました、さすがにここまでくれば[450K]彼岸花もいっばい咲いてました。
稲刈り直後のあぜ道には、主人公の田んぼを精一杯引き立てようと、
彼岸花があでやかさを競い合い、ところ狭しと咲いてます。
澄み切った青空と、そこに浮かぶ、ふわふわの雲まるで真綿の様です。
この真っ白な雲達も、秋の立派な立役者、私は急にふわふわの布団で寝たくなりました。

そうです昔、母が干してくれた、あのふわふわふとんで。
ところで我が家も、一時六人家族でした、そのため今でもたくさんの布団があります。
しかしほとんどが、羽毛布団、羽布団なのです。
私は、益々意地でも昔懐かしい真綿の布団で寝たくなり、押し入れの一番下から
やっと見つけてきました、しかし残念ながらべっちゃんこ、早速、綿を新品同様にする方法
「綿の打ち直し」をする為に、業者さんに電話する事にしたんです。

みんなに相談したら「そんな物、買うほうが安い、
空の雲なんか真剣に見るからや」と笑われました「天高く馬肥ゆる秋」
よし、絶対ふわふわの真綿の布団で寝るぞ、誰も文句言うな、
本当は、買い換える方が安いでしょう、しかし少し先の地球環境も考えないとね。

←クリックして頂けると励みになります。ランキングにご協力ください。

午後の大変身  635

朝から文句一つ言わず、モクモクとむし暑い倉庫の中で、孤独と戦いながら
新商品が事実上幾つあるか数えて下りました、これが性格に掴んで置かねば
展示会でいいかげんなこといえないからです、汗が目に入らないため、頭には
鉢巻ショトパンツからは大根足、とても人様にはお会い出来る
いで立ちでは御座いません、しかし一気に済ませらかったのです。

おかげで無事終り、五時にやっと以前から行きたかった所に、ゆっくり
行ってまいりました、洗面所の排水溝がトラブル続きで困っていたのです。
サイズを測り商品を確認しながら選ぶので私にしかできません
持って帰っても最悪会わない事も想定しておりましたが、ピッタリ。
もう二十年もボタン一つ押すだけで詰めが少し上に上がり流れるタイプ、しかし
これがくせ者今まで「これしかない何処でもこんなもんや」と、朝シャンの毛時まり
おやじのタンつまり、みんな私が処置してました、でも誰でもこんな片付けいやです。
やっと買って来ました。見事に生まれ変わった排水溝は見た目は、ざるを
ひっくり返した様なシンプルな物です。でもしかしながらこれでも立派な
           排水溝の午後の大変身”

←クリックして頂けると励みになります。ランキングにご協力ください。